拙者、一六三または一六四。

主にドラム、楽器、音楽関係の記事を書いています。
あと、日常のこと、温泉や旅行記、野球、たいがい色々なもんを不定期更新で思いつくままに書いている。
イロさん、イロちゃん、イロやんとも呼ばれているアラフィフ@大阪  since 2008

タグ:好きな曲

ソロアルバムを作ってみました昨年秋ごろから自分のドラムやらギターやらを録音したものを半年間コツコツ、ぼちぼちと編集して2018年になってようやく仕上がった。録音時のマイクのセッティングからミックス、マスタリングまでプレス以外は全て自分でやりたいように試行錯誤 ...

大江戸捜査網のテーマについて わたくしは、おばあちゃん、いま風の表現(?)では「ちゃんばー」が杉良太郎のファンで 時代劇を一緒に見ていた影響で時代劇好きになりました。 大抵の時代劇は演歌調のテーマソングだったりするので この「大江戸捜査網」のテーマ曲は斬新で特 ...

Ana Lucia - Andam dizendo不思議な雰囲気の曲が好きになるのは、普通の味に飽きたのか刺激が薄れたのか。さんまの塩焼きに飽きて、鮒寿司にハマるような・・・そんな心境か。鮒寿司を食べたことは無いけれども、ハマると病みつきになると聞く。きょうはこんなとこ。 ...

日本語な読み方はクアルテート・エン・シーと読むようです。コーラス・グループ+Bossa novaは自分にとって最高の組み合わせ。Imagem-Quarteto em Cy / Tamba Trio きょうはこんなとこ。 ...

年老いて味わいの出る演奏家はたくさんいるが、エディ・ヒギンズ氏もその一人と思う。しかし残念ながら2009年、鬼籍に入る。その人の生き様のようなものを映し出す演奏が出来るなら、歳をとるのも悪くない、かな。Eddie Higgins(February 21, 1932 - August 31, 2009)ESTAT ...

Alaide Costa - Minha Saudadeアライジ・コスタ(アライヂ・コスタとも)独特の歌い回しが魅力的。このバージョンのスキャット部は浮遊感満載の超ハマり。サウンドの季節感では夏のイメージだが寒い冬にはどうしてもテンションが低くなりがちなので、ジワジワと高まる曲が聴 ...

ジューシー・フルーツ、正確にはジューシー・フルーツ・オーケストラというらしい。 なぜか今、このサウンドにハマる。 私が中学生の時に「ジェニーはご機嫌ななめ」が大ヒット、連日テレビの歌番組やラジオ、有線放送で耳にした。 この曲はいわゆるウィスパーボイスで歌う ...

1987年はバブル景気の真っ盛り。当時日本のミュージシャンや歌手は猫も杓子もL.Aで録音。私はL.Aに行った事がないのが悔しいが、空気の乾燥したL.Aで録音すると音までドライに録ることができるという。ほんまかいな?と私は少々穿った見方をする。本当は経費で落としてL.Aに ...

わたくしにとってジャズという音楽のイメージは人間くさくて、泥臭いイメージ。洗練されたオシャレなイメージもあるのだが、その核心部分はとてもヒューマンな香りがすると思うから。そんなジャズ的な味わいは人や、物、街並みなどでも感じたりする。自転車でよく通る、とあ ...

買い物の際に何ってわけでも無いのにそれを見た瞬間に買いたい衝動にかられる魔法の言葉「半額」「期間限定」「処分品」などなど。例えば楽器屋でドラム関連の商品が「半額」と書いてあれば、別に必要なくてもそれを買おうとする、あるいは買ってしまう。呪文にかけられるよ ...

Shakatak - Beyond Our Reach シャカタクといえば"Night birds"や"Invitations"、"Easier Said Than Done"などのヒット曲がある。これらはどちらかと言うと「さらり」とした雰囲気で名曲には違いないが、私的にはこの曲が隠れた名曲だと思っている。何か「クセ」というか、 ...

"Take A Bow"というのは「お辞儀をする」という意味でもあるらしい。baby faceも絡んでいたりするその曲調は、なるほどbaby face、と思わせる。Madonnaといえば我々の世代では"Like A Virgin"が大ヒット、一世を風靡したものだ。1980年代後半のツアーで来日して大阪に来た時 ...

Bobby Caldwell - "The Real Thing"   80年代、A.O.Rがブームみたいになった時期がありました。中でもBobby Caldwellの作風がとても好きで、1988年発売のアルバム「Heart of Mine 」を当時はよく愛聴していました。お気に入りは”The Real  Thing"。この人の音楽はジャズ ...

Terence Blanchard Detour AheadBill Evans -  9月というのにまだまだ暑かったりします。昼間なんかは、ぜーんぜん秋っぽくないのですが、さすがに幾つかの台風などが通過すればだんだんと秋っぽくなるのでしょうね。秋にはゆったりしたjazzが聴きたくなるのですが、この ...

Os Cariocas - SO DanCo Samba  bossanovaのサウンドは夏がよく似合う。Os Cariocasは単なるコーラスグループではなくて、それぞれの楽器を演奏しながらコーラスを重ねる。かなりアンビリーバボー、な人達。コーラスグループはなぜか器用なグループが多い。なぜ??きょう ...

↑このページのトップヘ