拙者、一六三または一六四。

主にドラム、楽器、音楽関係の記事を書いています。
あと、日常のこと、温泉や旅行記、野球、たいがい色々なもんを不定期更新で思いつくままに書いている。
イロさん、イロちゃん、イロやんとも呼ばれているアラフィフ@大阪  since 2008

カテゴリ: 楽器のこと

ツインペダルを流用してカホンペダルを作る!カホンは基本的に手でドタパタ鳴らす楽器だが、ドラムの代用品として実際のドラムに使用感などを近づけていくのも「あり」だと思う。特に足の部分のベース音は箱の中心に近い所を打つ。これを手で賄っているので場合によっては前 ...

LUDWIG 80's acrolite LM404特にコレクションをしているわけではないけども、いわゆるレア物にご縁があるようだ。今年に入ってまたご縁があったのはこのアクロライト。ブルーオリーブバッジの1980年代のものだ。復刻版ではないビンテージもので長年に渡って使われてきたよう ...

SONOR SN-SP273当節のペダルは昔の物に比べてとても頑丈になっている。踏み込みの安定感も向上していて昔の廉価版ペダルによくあったクセだらけでヨレヨレの頼りないペダルはもうほぼ見かけない。しかし、それはそれなりに味わいがあって良かったものだが、このSONOR(ソナー ...

MEINL (マイネル) HT1314CH Headliner Series ティンバレスそもそもティンバレスという楽器の存在を知ったのが今から40年ほど前にニューミュージックが大流行の時の三人組、アリスのキンちゃんが叩いていたので非常に興味とあこがれがあった。で、最近はパーカッションと ...

ZOOM H2n ハンディーレコーダーZOOM製品はコスパがとても良い製品が多い。レコーダーを購入するにあたっては購入前にいろいろと検討するのだがこの製品を購入した一番の動機はMS録音が出来ること。ミッドサイド録音という手法でMSモードではセンターと両サイドのミックス具合 ...

Meinl Marathon MB100マイネル ボンゴ マラソンシリーズという筋肉イメージなシリーズ名。当ブログの過去の記事、ボンゴ、れ!で書いたLP CPボンゴに続く2号機。最近はアコースティック編成のパーカッションでの出動が増えたのでこのボンゴをよく使っている。ボンゴ奏者と ...

もう冬も真っ只中ですが夏から開始したレコーディング作業が今は大詰めのミックスダウンの最中。 今回まとめているものは、とにかく自分の好きなものをごちゃ混ぜでまとめてみよう、というわがまま満載かつ雑多なコンセプト。 色んな事がなかなか思うように決まらずに難 ...

RODE NT2オーストラリアのコンデンサーマイクをゲットした。これは新品購入なら「おいくら万円」の世界だけど驚愕のお値段で手に入れる。ちょうどドラムやギター、バンド録音などの録音計画を進めようかなと思っていて、いいマイクを探していたところにコイツと出会った・・ ...

M-AUDO KEYSTATION MINI 32 Ⅱわたくしのかくし芸の一つであるDTM、いわゆる打ち込み音楽は長らくお休みしてたが、昨年年末あたりから復活してコツコツの作業をしております。DTMを一旦休止した10年前からその周辺機材は飛躍的に進歩していて驚く。しかもその頃よりも値段も ...

Zildjian A.Custom FX Oriental Trash China"Trash" 18ジルジャン・Aカスタム・オリエンタル・トラッシュ・チャイナ”トラッシュ” 18チャイナシンバルはエフェクト系シンバルの中では最もポピュラーなシンバル。アクセント的な用途が主だがジャンジャンと鳴らすと音的にも ...

以前、16インチのフロアタムをPearl OPT-1516 オプティマウント・サスペンションシステムを使ってバスドラムにしてみたのだが、(→過去記事 ”フロアタムのバスドラ化” http://16drum.doorblog.jp/archives/52100702.html )もう少し低音が欲しいなぁ、と今回は18インチ ...

Pearl Free Floating Snare"Steel" 1465パール フリーフローティング スネア スチール 1465 17歳の時に初めて買ったスネアがこれ。1983年の初期型。ゆえにシリアルナンバーが83から始まる。(たぶん)当時は”フリーフローティング”スネアが登場して間もない頃。画期的 ...

TAMA シンバルスタッカー  CSA25クラッシュシンバルの上にスプラッシュシンバルを逆向きで重ねて乗せるセッティングはスタンドを増やすこと無く活用できて割りとよく用いる。でも逆向きにセットするとシンバルのエッジが欠けやすい気もして何となく不安。出来ることなら逆 ...

「タンバ」、という楽器のこと。今から相当昔、アリスのキンちゃんが「明日への讃歌」で使っていた。 当時小学生のわたくしはこの楽器についてタンバリンとばかり思い込んでいた。これはその同じメーカー、yamayoのもの(サイズは少し違うだろうが)タンバリンの”リン”が ...

↑このページのトップヘ