拙者、一六三または一六四。

主にドラム、楽器、音楽関係の記事を書いています。
あと、日常のこと、温泉や旅行記、野球、たいがい色々なもんを不定期更新で思いつくままに書いている。
イロさん、イロちゃん、イロやんとも呼ばれているアラフィフ@大阪  since 2008

カテゴリ: 音楽のこと

YAMAHA FP720(復刻版)ヤマハペダルの名器、FP720には過去にずいぶんお世話になった。ベルトドライブが主流だった時代の製品なのでベルトドライブ特有の踏み心地。また自分の足のサイズにぴったりフィットする平坦な長いフットボード。これはスライド奏法のコントロールがし ...

Z.E.Nというバンドについて。ブログを時々書いていてライブの告知をするには中々タイミングが難しかったりするので、いつからかライブの告知はしないようになったのですが、初夏のライブイベントとしてちょくちょく出ている今年の高槻ジャズストリートにZ.E.Nという、かれこ ...

ソロアルバムを作ってみました昨年秋ごろから自分のドラムやらギターやらを録音したものを半年間コツコツ、ぼちぼちと編集して2018年になってようやく仕上がった。録音時のマイクのセッティングからミックス、マスタリングまでプレス以外は全て自分でやりたいように試行錯誤 ...

ZOOM H2n ハンディーレコーダーZOOM製品はコスパがとても良い製品が多い。レコーダーを購入するにあたっては購入前にいろいろと検討するのだがこの製品を購入した一番の動機はMS録音が出来ること。ミッドサイド録音という手法でMSモードではセンターと両サイドのミックス具合 ...

今年2017年はドラムの出動よりもパーカッションでの出動が増えている。ボーカルとギターとのアコースティックなトリオ編成でパーカッションとして参加しているのだが、パーカッションは様々な種類があって使う楽器を試行錯誤して厳選してみた結果、スネアとボンゴとスプラッ ...

もう冬も真っ只中ですが夏から開始したレコーディング作業が今は大詰めのミックスダウンの最中。 今回まとめているものは、とにかく自分の好きなものをごちゃ混ぜでまとめてみよう、というわがまま満載かつ雑多なコンセプト。 色んな事がなかなか思うように決まらずに難 ...

RODE NT2オーストラリアのコンデンサーマイクをゲットした。これは新品購入なら「おいくら万円」の世界だけど驚愕のお値段で手に入れる。ちょうどドラムやギター、バンド録音などの録音計画を進めようかなと思っていて、いいマイクを探していたところにコイツと出会った・・ ...

M-AUDO KEYSTATION MINI 32 Ⅱわたくしのかくし芸の一つであるDTM、いわゆる打ち込み音楽は長らくお休みしてたが、昨年年末あたりから復活してコツコツの作業をしております。DTMを一旦休止した10年前からその周辺機材は飛躍的に進歩していて驚く。しかもその頃よりも値段も ...

ひょうたん笛中国瓢箪笛、フルスともいうらしい。得体のしれない楽器に興味をひかれて思わず衝動買い。浜松の楽器博物館に行ってから”変な楽器”に今は特に興味ありです。で、これ、最初に「どうやって吹くんだろう」とファーストインプレッションで持ってみたのが竹の部分 ...

わたくしはスティック(棒、バチ)をもって演奏するドラマーでありまして、手のひらで打ち鳴らすパーカッションはあまり得意ではないし、好きではない。けれども、ふとした心の隙をついたのがこのカホン。カホーンともいう。どうみてもスピーカーボックス、エンクロージャー ...

メンバー募集の今と昔メンバー募集、と書いて、メンボ、またはメン募と読む。古くは音楽雑誌"Player”でのメンボ。これに付属の専用ハガキを出して3ヶ月ほど掲載まで待ったり、昔は今ほど個人情報に厳しくなかった時代なので普通に電話番号が全国紙に掲載されていたり。(し ...

2015年もあと少し。なんやかんやとアクセスしていただきまして誠にありがとうございます。ワタクシ個人の2015年は身内の逝去などがあったりして、あまり良い年だったとは言えない状況でして。それでも音楽関係では新たにバンドを立ち上げたり未踏のジャンルだったものに参加 ...

近頃、私の周囲では本来の慣れ親しんだ楽器ではなくて、 副業、かくし芸的にサブの楽器でバンドを始めている人が増えています。 例えばピアノを長年やってきた人がドラムやサックスを始めたりするような感じ。 サブパートを新たに始めることで楽器を始めた頃の新鮮な感覚 ...

  ライブの前にすること。 人によってはコンセントレーションを高めること、 例えばルーチンなどにナーバスになったりする方もいるようです。 ライブ前にすることで大事なことは、つまり、集中するために雑念の原因を取り去る努力か・・・。 こ ...

大江戸捜査網のテーマについて わたくしは、おばあちゃん、いま風の表現(?)では「ちゃんばー」が杉良太郎のファンで 時代劇を一緒に見ていた影響で時代劇好きになりました。 大抵の時代劇は演歌調のテーマソングだったりするので この「大江戸捜査網」のテーマ曲は斬新で特 ...

↑このページのトップヘ