ペダル関係パーツでも重要なファクターを占めているのがビーター。
元来凝り性なのであれやこれやと試していますが、ちょっと変わり種が
Vater vbvb ボア巻ビーター。

DSC04463
これはコルクの芯にボア生地を巻いてあり見た目も音も非常にソフトなビーター。

その音はパンチ感とは対極の非常にソフトな音ですね。
ブラシでシャーシャーやるような小音量ジャズなどには持って来い!なのです。
踏み込めば輪郭もそこそこ出るのですが、如何せんソフト。やはり性格はアコースティックな編成向きと言えるでしょう。

ですが使っていると打面の毛が抜けて、脱毛症になるという・・・。

DSC04467

ですが自分で修理も出来そうです。

で、考えてみればコルクの芯に何かを巻けばオリジナルのソフトビーターが出来そうで、
牛革巻のビーターなんて野球の硬球みたいで面白いかもしれません。

以前の記事「自作こくたんウッドビーター」
http://16drum.doorblog.jp/archives/51718008.html

ビーターもなかなか奥が深い!


きょうはこんなとこ。