パソコンソフトの話。

パソコンで聴く音に高音質を求めるのはナンセンス、なような気もしますが、
「良い」と聞けば試してみる性格なんです。
特に良音質にこだわっている訳ではないのですが。

・Media Monkey

http://www.mediamonkey.com/


このプレイヤーは出力プラグインに良音質プレイヤーとしては
メジャーなWinampのものを流用できる所が良い。
また、ハード部分、サウンドカードなどにASIOドライバの入っていないPC(オンボード含む)
でも擬似的にASIO環境を再現できる、技あり。
詳しくは”media monkey asio4all”でググれば詳しく出てきます。
このプラグインをDTMでまだ試していないので実際の音の遅延がどれ位とかはわかりませんが、
そのサウンドはそこそこ明瞭感があって特にボーカルの輪郭が良いように思いました。


使用感としてはプレイリストの条件付けなどは無料版なら制限があり、
i-Tunesよりは少しだけ物足りないけれども、まぁまぁといった所。
プレイリストの書き出しも大丈夫です。
でも使い勝手、管理のし易さではi-tunesの方が個人的には好きです。

普段使いのXPなら全然大丈夫でしたが職場のWindows7(64ビット)では
若干動作に不安定がありました。
約1年前に紹介した「パソコンの音楽プレイヤーは何を使ってますか?」の
”Frieve Audio”よりは使いやすいし軽さもあり、ってところ。


って、素人の感想ですが結構オススメです。



きょうはこんなとこ。


御存知より