ituneClip

パソコンで音楽を整理するのは今では当たり前になりました。
一昔前ならばMD、その前はカセットテープ、LPレコード。
時代が進むにつれ、どんどん小型化していって最後には実体がデーターだけという現代。

パソコンにはとても多くの曲を保存管理していますが、
その整理に一役かっているのがリンゴのマークの「iTunes」。

音質的には普通のレベルだと思うのですが、良い所は整理整頓がとてもスムース。
プレイヤーというよりもセイリヤー、(整理屋)判るかなぁ?(;´Д`)


普段、曲を聴いていて「お、この曲は好きだなぁ」と思えば★マーク(レート)を
5段階に分けてレートをつけておくことが出来る。
これは後々自分の好きな曲を整理するのに役立つ。
例えば、★は少し好き、★★★結構好き、★★★★★メッチャ好きみたいなランク分けをしておける。
あるいはコピーとか練習用のレートを付けるならば、★は超簡単、★★★★★は超難しいとか。

その上、便利なのが「スマートプレイリスト」。
早い話が細かいソート条件を自分で作成できる。
例えば音楽を聴いていて好きな曲だけ聴いて嫌いな曲は飛ばしたい!
などのストレスが無くなり、好きな曲だけを延々聴けたり、とか。

ソートの例では
  • レートが★★★より大きい
  • 4週間以内に追加
  • ジャンルが"jazz"
  • 再生回数が5回以内
という曲を探す条件のプレイリストをアッという間に作成できる。
楽曲の整理に大変便利です。

で、わたくしのiTunesのキャプチャ画面。
画面左のスマートプレイリストを見てもらえばわかるように、
細かなソート条件を作りすぎて何が何だかよくわからない。
ちなみに再生選択中のソート条件は、

  • 再生回数が10回以上


  • が、しかしこのリストの曲を全部再生するのに5日と21時間44分!

    整理してんだか、してないんだか・・・。('д` ;)



    きょうはこんなとこ。


    御存知より