MDをパソコンに録音する-アナログ録音

DSC03642

拙者、最近は凄い地味な事をコツコツとやっています。
それは「MDをPCに録音する」事。

一時期、MDがカセットテープに変わって録音媒体の代表になっていた頃
セッセと録音したものの現在では殆んどお蔵入りになっている拙者のMini Diskコレクション。
結構な枚数でもあり、どうしたらええもんかとずっと思っていました。

スタジオやライブの音などのアナログ音源をMDに録音するときに
SCMS(コピーガード)は付いていないのでデジタルのラインでPCに録音出来るのですが、
CDから録音したものは前述のSCMS制限がつくのでデジタルのラインでは録音できないのです。


自己メモ的に書き出してみましょうか。

  • アナログ録音(テープなど)→MD→PC  ガード無し  オプティカルケーブルなど使用可
  • デジタル(CDなど)→MD→PC  ガードかかる  オプティカルケーブルなど使用不可 

どうやらアナログラインで録音するしか無いようです。
これは個人差があるでしょうけど拙者はデジタルラインもアナログラインも
聴感上の音質などは大差無いように感じました。
それより殆んど聴かずにお蔵入りしている方がモッタイナイ、MOTTAINAI・・

パソコンへの録音に使用するソフトは"S Rec"  を使用。
http://www.rukihena.com/soft/srec.html
使った感じは無音部分を自動分割してくれ、さらに
mp3に変換しながら録音してくれるのでサクサクと作業がはかどります。

出来上がったファイルの曲名などをコツコツと付けていき、
"mp3DirectCut"でノーマライズ、完成。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/04/20/mp3directcut.html (窓の杜 レビュー)
このソフトはmp3を直で編集出来る優れもの。
リハの音源の部分カットとかフェイドアウトとか楽々編集。
いちいちCubaseなど立ち上げずとも結構な編集できます。
リハの音源をササッと編集するのにたいへん重宝しています。

完全に忘れていたアルバムなどを発見し、それらを順次聴きながらの録音作業は、
CDをインポートする時の48倍速とかの味気ない作業よりも有意義な時間に思えましたな。

 

きょうはこんなとこ。

 

御存知より。