万博入場券

EXPO'70 日本万国博覧会

人類の進歩と調和

 

 

物置を整理していたら発見しました。万博のチケット。

大阪万博は1970年(昭和45年)に6ヶ月間開催され、のべ6,400万人が訪れました。
今年はその年から40周年だそうです。

「メッチャ懐かし〜ぃ!」・・・。でもないんですよ。
実は殆ど憶えていないのです。
連れていってもらった時の写真を見て、万博へ行ったんだなぁ、って位なので
懐かしさはあまりないです。
でも、記憶を辿ってみるとタワーとかパビリオンには行ったような、
かすかな記憶が有るや無しや・・・。

エキスポタワー入場券

これは”エキスポタワー”
確かに行っていたようです。

このタワー、少し前にNHKアーカイブス番組
「ある人生 万博とび頭」で高さ120メートルのタワーを建築する、
とび職の方のドキュメンタリーが放送されていました。
高所恐怖症の拙者としましては、このとび職の方々のお仕事ぶりを
見ているだけで手に汗がジワリ、縮むところがキュンっと縮みます。
地上100mの高所でも命綱無しで平然と作業しておられたような
ドキドキ映像に衝撃を受けましたわ。

万博地図
会場の地図

これは万博会場の地図が印刷されている風呂敷。
何かの景品でついてきたもののようです。
アイロンかけてからスキャナーに通せばよかったですね。('A`)

幼少の記憶は変な所を妙に詳しく覚えていたりして、
少し不可解なのですが、拙者は「万博=ペプシコーラ」だったのです。
その理由がこの地図を見て理解出来ました。
中心より南東の方向にそれはありました。”ペプシコーラ館”。
たぶんコーラという飲み物を初めて飲んだのがこの場所だったのかもしれませんな。
それ故に、今でも拙者はペプシコーラが大好きで。

さてさて、現在その頃の日本人が思い描いていた、輝かしい未来になっているのでしょうかな?

きょうはこんなとこ、で。
御存知より。